お知らせ

3月1日 全国フォーラムin東京 開催のご案内

「地域間連携事業成果報告」

  ~地域間の連携を活かそう-地域間連携事業の成果とその活用方策
地域間連携によるイノベーションをより全国に普及させるためには、各地域で
取組む優れた活動を組み合わせ、それを海外も含む他地域に波及できるような
モデル化の試みが必要です。
財団法人日本立地センター及び全国イノベーション推進機関ネットワークでは、
平成24年度地域新成長産業創出促進事業補助金(イノベーション基盤強化事業)
を活用し、5つの地域間連携事業として取り組みました。この活動内容や成果を
広く全国に共有すべく、全国フォーラムを開催することとします。
本フォーラムでは、まず冒頭の講演で、地域間連携によるイノベーション
創出・普及の意義等について考えます。次に、ミニ・パネルディスカッション
形式により、産業支援に取り組む様々な主体が事例紹介をしつつ議論することで、
実践レベルでの課題やその具体的な解決方法などを共有します。これにより現場
の目線で生まれた、より実践的かつ波及効果のある取り組みを全国からの参加者
が持ち帰り、各地域で実行することを目指します。
本フォーラムの実施により、全国のあらゆる産業分野における地域企業の振興、
及びこれに参画する、産・学・官・金・報に属するすべての人々の意識の高まり
に寄与することを期待します。

■開催日時 2013年3月1日(金)13:00~18:00(交流会18:10~19:00)

■開催場所 日暮里サニーホール(東京都荒川区東日暮里5-50-5)

■定員   150名(全国の産業支援機関、自治体、大学等、金融機関、中小企業
および地域発のイノベーション活動に関心のある方を対象)

■主催  (財)日本立地センター、全国イノベーション推進機関ネットワーク

■後援(予定)経済産業省ほか関係省庁、荒川区、(独)日本貿易振興機構、
(独)農業・食品産業技術総合研究機構、
(独)中小企業基盤整備機構、全国地方新聞社連合会、
(一社)全国地方銀行協会
■参加費   無料(交流会参加の場合は、会費3,000円が必要)

■参加申込  下記HPよりお申込み下さい。
http://www.innovation-net.jp/event/20130301tokyo.html

《プログラム》
13:00   開会
開会挨拶 鈴木 孝男  (財)日本立地センター理事長
来賓挨拶 照井 恵光  経済産業省 地域経済産業審議官
西川 太一郎 荒川区長、特別区長会会長

13:20  基調講演「地域のアイデンティティーを活かそう」
堀場 雅夫 全国イノベーション推進機関ネットワーク会長、
(株)堀場製作所 最高顧問
13:50   休憩

【平成24年度地域間連携事業の成果報告とミニパネルディスカッション】

14:00~14:30 ①タングステン回収事業化による循環型社会形成モデル
【報告者】(一社)ネオマテリアル創成研究会

14:30~15:00 ②地域間連携による地域ブランド認証システム構築モデル
【報告者】NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク

15:00  休憩15:15~15:55 ③支援機関広域連携モデル
【パネラー】
(公財)岡山県産業振興財団、ベンチャーキャピタル等参加企業

15:55~16:35 ④地域金融機関連携支援モデル
【パネラー】
但陽信用金庫、広島県、イノベーションネット事務局

16:35~17:15 ⑤アジア展開ゲートウェイモデル
【パネラー】
韓国技術ベンチャー財団、(公財)北海道科学技術総合振興   センター、       イノベーションネット事務局
17:15     政府施策紹介(農林水産省、文部科学省、経済産業省)
18:00     閉会
18:10~19:00  交流会
※詳細については、下記HPをご参照ください。
http://www.innovation-net.jp/event/20130301tokyo.html

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

戻る